アクセスカウンタ

<<  2011年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


PTIでの実験(3・4年生)

2011/02/28 09:44
先日の来客時、5年生に理科の実験をした。
帰国間際のわずかな時間で出来るだけ多くのことを伝えたいと思っているので、
4年生と3年生にも実験の時間をもらった。
24日4年生に理科実験。
画像

画像


物が熱で膨張する実験や音の発生など
画像



実験は受けるし、ストロー笛など全員に配れる物は喜ばれる
画像



27日、今度は3年生に実験。
画像

物の三態や空気圧など
画像

画像


とりあえず、PTIとパトシャラ小という最低限のノルマはクリアした。
任地で活動出来る日数はあとわずか。
なので今日(28日)は実験本を持って、近くの小学校に行き、配って回ろうと思う。

その後ボリシャルに移動。自分にとって最後のワークショップに臨む
このワークショップがまさに最終決戦になるかな?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


走るベンチ

2011/02/28 09:04
ベンチがあります。よく見ると下に何かついています。
画像


前には自転車が付いていて乗り物になってます。
しかもバッテリーで動く「高速自転車」
画像


スピードも出るし、なかなか快適です。
画像


公園のベンチでいちゃつくカップルにこのベンチに座らせて、ドッキリで
突然街中を走り出したら面白いだろうな〜と思いました


おまけ その1 未来のリキシャワラ
画像



その2 ガジプールの野党事務所前
デモ行進があり、人が集まっていました。
画像


警察も厳重警戒しています
画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


一般の公立小学校の実態(パトシャラ小)

2011/02/28 08:45
普通の公立小学校は、校舎も小さく教室も狭いです。そこに子ども達がひしめき合ってます。
俺が通っているパトシャラ小学校もその1つ。
1年生教室。
もともと俺が今教えている幼稚園クラスの子達がどんどん繰り上げ昇級になった関係で
1年生教室が満杯になってます。もはや入りきっていません
画像


2年生教室
画像

教室の人口密度も世界一です

幼稚園クラスは、元々40人の登録で教室一杯になるからなのか分かりませんが、
始めから机とイスがありませんでした。なので人数の少なくなった今もその状態で教えています。
画像

画像

この日は、マイメンシンPTIからM,Mが見に来てくれたので写真が撮れました。
いつもバタバタしているので、とても写真を撮る余裕がありませんでした。

毎時間泣いている子や逃げ出す子もいますが、可愛いものです。
画像

このパトシャラ小の子達ともお別れかと思うと寂しいです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


京都のOB達来る 今日は5年生

2011/02/27 20:57
22日。平日なのでお仕事の日。
19日にバングラデシュに来られた昭和62年度2次隊の先輩達、京都のOB会で活躍する人達
が今日は自分の活動を見に来られる。

YOU&MEスクール の人達も俺の活動の様子を見たいと言っていたので
一緒に見てもらうことにした。

1時前。京都のOB達は予定よりも早く到着。素晴らしい。
画像


時間があるのでガジプール散策をしていた。俺はその間、実験の準備。

昼ご飯はジョイドプール1良いレストラン「スルマ」で頂く。
画像


PTIに戻る。子ども達に囲まれる先輩達。
画像

画像


で、俺の授業を見てもらうことに。この日、トレイニー達はテスト中だったので
ポリッコン(実験校)の5年生にやった理科の授業を見てもらうことに。
画像


こんな感じでいろいろ実験をやっている姿を見てもらった。
画像

画像

画像


途中からYOU&MEスクールの人達も見に来た。
画像

画像


途中実験を1つ失敗したが、あとはそれなりに出来たと思う。



授業後、京都の人達と一緒にダッカに上がった。
その車でIPSも運んだ。


晩ご飯は、ダッカに来たらネタとして一度は来た方が良いと俺がお勧めした「ピョンヤンカン」
画像


可愛い北朝鮮娘達とカラオケ。よろこびぐみと関われるのはここくらいですよ。
画像


夜、宴会のはずだったが、みなさん疲れていたので、1時前にはお休みでした。

次の日、朝8時に来るはずの車が来ない。
旅行会社に問い合わせたら「タイヤがパンクした」とのこと
「15分遅れ」と言っていたが、結局「1時間遅れ」
昼1時40分タイ行きの飛行機に乗るはずだったので、朝早く出て
カウランバザールのレールの上のスラムを見て、カルポリでおみやげを買うというプランが
崩れ去った。

なので、グルシャン1のマーケットを見て、グルシャン2でCDを買って、
フォークインターナショナルでおみやげを買う、というプランに変更した。


短い時間でしたがプチ観光案内ができました。
もう少し、きちんとガイド出来たら良かったんですがね。

ではみなさん、お気をつけてお帰り下さい。お疲れ様でした〜
画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ここでも飛ばしてます YOU&ME スクールのオヌスタンにて

2011/02/27 20:11
2月21日。国際母語デー。バングラデシュは東パキスタンであった時代、
ベンガル語撲滅の危機にさらされていた。
パキスタンであったため、パキスタンの公用語「ウルドゥ語」の使用を強要されたのだ。

それに反対して独立戦争が始まった。そしてその独立を勝ち取った記念日でもある。

なので全国各地で式典が執り行われていた。
うちのPTIでも行われていたのだが、俺は職場の式典に参加すると
写真係を強要されるので行きたくない。なのでYOU&ME スクールの式典に参加した。
運動場で行われる式典。
画像


ダッカにある「ショヒドミナール」というモニュメントを模した物がどこでも作られている。
献花する子ども達。
画像



そして、独立を賞賛する行進。
画像



行進の途中で立ち寄った広場で準備をする俺。
画像


もちろんこれ「ペットボトルロケット」を飛ばします。
「理科はインパクト」これをモットーに、どこへでもロケットを持って行きます。
画像


遠くへ飛んでいくロケットを見守る人々。
画像


学校へ戻ってきてから朝食。
俺は、いつもこのときにゴミ箱を持ってきて
「食べかすなどのゴミはどこに捨てたらいい?」って聞きます。
最初はゴミ箱の意味すら分かってなかった子ども達ですが、
少しずつゴミ箱の使い方が分かってきました。
画像

こちらが何も言わなくてもゴミ箱にゴミを入れる子どもを見ると感動します
子ども達も、少しずつ自分で判断してゴミを捨てられるようになってきました。

食事後、遊具で遊ぶ子ども達。つい最近遊具が入りました。
ブランコと滑り台とシーソーです。子どもが多すぎて原型が分かりません
画像

画像


式典なので、日本人のお客さんと俺達も歓迎されました。
画像



「みんなで校歌を歌おう」ということになったので、校長の指揮の下、
俺はうろ覚えのハーモニウムを演奏することに。
画像



こんな感じで21日のオヌスタン(行事・式典)は終了した。
今回の日程で来られたYOU&ME スクールの方々とは、この週関わることが多かった。
その様子も追って載せていきます。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


実験本完成

2011/02/25 03:51
帰国を1ヶ月後にひかえ、バタバタが更に加速してきました。
ここに来て、活動も充実感が高まってきています。
来客もあり、ブログに書くネタがたくさんあるのですが、
それを更新する余裕のない、今日この頃。

とりあえず1つずつ押さえていこう。

活動の最終形態である「実験行脚」そのために作成した実験本がついに完成
画像


実験行脚は始まっているが、この実験本があればより箔が付く。

実験の様子はまた追って掲載します。
残り期間も悔いなく活動したいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


運動会2011

2011/02/21 08:03
今年もやってきたPTIの運動会。
去年はメインゲストが来るまで開会式が出来ないということで
まさかの2時間半遅れだった。
今年も遅れるだろうと思っていたが、何とか1時間遅れで開始した。
これはこの国ではましな方だと思う。

並んで準備するトレイニー達。
画像


画像


国旗、PTI旗、そしてオリンピックみたいな旗(スポーツ大会用)が並ぶ。
画像


主賓達と校長。こんな感じで本部席には横断幕がある。
画像


開会式では平和の象徴「白い鳩」を飛ばす。
画像


宣誓は中央から。
画像


子ども達も頑張って行進する。
画像


聖火ランナーもいる。
画像


開会式も終了し、ようやく競技開始。
女子トレイニー達による徒競走のあとは
恒例の男性トレイニー達による、ズタ袋競争。
画像


女子トレイニー達によるイス取りゲーム。
画像

女の激しい戦いを物語る壊れたイス
画像


競技の後は表彰台。
画像


女の子も敬礼!
画像


今年は思ったより競技が少なかった。どうも事前にかなり終わらせていたみたい。
去年の遅れぶりを考慮したのだろう。しかし、迫力のある男子徒競走等がなくて
運動会としては迫力に欠けたものだった。

といことで、去年よりかなり早く終了。
競技終了後は、毎年恒例の仮装大会。

この日で一番盛り上がる。
この人達全員仮装の人達です。乞食やデモ運動の先頭に立っている人など様々。
画像


そして、力尽きて倒れる。
画像


わけの分からないお祭り騒ぎ
画像


あなたは何者なの?もはや意味も理解不能
画像


ちなみにこんな仮装にも順位と表彰がある。

各競技の1位〜3位には表彰とプレゼント(陶器のお皿)がある。
画像


日本の運動会では何がもらえるんだ?と聞かれたので
「日本の運動会は商品なんて出ないよ。日本人は貧乏なんだ」
と最近、「日本人はお金持ちだろう」と言われるのに腹が立ってきたので
日本の質素ぶりを強調するようになった。


全部終了後、校長室にインストラクター達全員が呼ばれた。


校長から感謝の意と全員にプレゼントがあった。
俺にもあった。
画像



何かなと思って開けてみると…
画像



花瓶

元々、俺のじゃない名前が書いてあるのを消した形跡もあるし、その場で俺の名前も書いたから
取って付けた感があった。帰国間近なのでせっかくだが1階の人にあげた。


おまけ
その1 実験校の先生達と俺
俺はPTIのインストラクター達より実験校の先生達の方が関わりやすい。
なので、もっと始めから実験校に関わっておけば良かったと思っている。
画像



その2 実験校の女の子。
綺麗に着飾っていますが、低学年(7〜9歳)です。大人っぽく見えるでしょ
画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


クリケットワールドカップ

2011/02/18 21:30
2月19日。クリケットのワールドカップが始まる。
参加16ヶ国。4月2日まで行われる大きな大会だ。
その開催地がバングラデシュを含む3ヶ国。しかも、オープニングマッチがバングラデシュ。
ということで、17日。その開会式が行われた。

隊員ハウスのテレビでその様子を見る。
みんなの感想は「バングラデシュにしては頑張っている」というものだった。
マスゲームもまあまあそろっているし、ノリのいいダンスもある。
画像

画像

画像


ベンガル人ダンサーの女性のお腹が出ているのが気になったが、
スリランカ情勢はセクシーだった。
画像


このクリケットワールドカップの関係で、物乞いがダッカから一斉排除された。
また、露店もかなりの数が退去した。バングラデシュの汚点を諸外国に
見せたくないという配慮だろう。しかし、俺達隊員はみんな
「ボロが出たらいいのに」と言っている。誤魔化さずありのままのバングラデシュを見て欲しい。
そして、政府も一時しのぎではなく、本当に物乞いがなくなる世の中を作って欲しい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


プチベラテその2 ショナルガオ タージマハル

2011/02/18 21:05
16日レントゲンの結果が出るまでダッカで待機していたので
17日の朝にガジプールに帰ることにしていた。しかし、18日理科の実験本が完成するので
それを取りに再びダッカに上がってこなければならないことと、
肋骨が痛いので重い荷物を運びたくない、というのがあり、
ダッカでの滞在を1日延ばした。

なので17日が丸々予定が空いた。

以前から「1日時間が取れたらショナルガオに行こう」と思っていたので、
ガイドブックに載っていて俺がまだ行けていない「ショナルガオ」に行くことにした。

ノッダバス停からサエダバッドバス停までバスで移動。
このバス停もゴチャゴチャしている。
画像

しかも、俺の不慣れな所なので、どのバスに乗ったらいいか戸惑う。
コミッラ行きのバスなら大丈夫と思って、探し当てて乗ろうとしても
「ショナルガオは行かねえよ」と断られる始末。

ようやく、フェニ経由ノアカリ行きのバスが乗せてくれることになった。
料金はコミッラと同じく50タカと割高であったが、バス停で立ち往生するわけにもいかず
それに乗ることにした。

しかし、バスに乗ったわいいが、進み出すまで1時間かかった。
バスを探すのに30分。進み出すのに1時間。
しかし、1時間弱でバスはショナルガオに着いた。
あの待ち時間が忌々しい

で、ショナルガオへ到着。
画像

バングラデシュ人は10タカだか、外国人料金は100タカ。
この差は極端だと、いつもながら腹が立つ

まずは有名なこの馬の彫刻。
画像


建物の中も見学。この日は女子中学生の団体も来ていた。
画像


ショナルガオの建物自体は小さいので、すぐに見て回れた。
しかし、この日はお祭りらしくいろんな店が出ていた。

そして、俺が気になったのはいろんな職人が物を作っている姿だ。
画像

画像

画像

職人は一生懸命作品作りに命を込めている。その姿は素晴らしい

綺麗な布を売っている店もある。
画像



博物館も併設されているのでそこにも入った。
展示物は少ないが綺麗に飾られていた。
画像


ショナルガオの敷地内にあるこの池。どうも見覚えがある。
おそらく「旅行人」というガイドブックの表紙の場所ではないかと推測する。
画像


ショナルガオを後にして、近くにある昔の建物あとに行った。
こんな感じで趣のある建物。しかし、50mも進まないうちに終わってしまった
画像

画像


それから、まあまあ大きくて古いモスクにも行った。
画像


これもまあまあって感じ。

ショナルガオのイメージとしてはちょっと残念な観光地という感じだ。
わざわざ出向くほどの物ではないかもしれない。


で、これだけではせっかくの休日がもったいないので、
噂に聞いていた「タージマハル」に行ってみた。
これはインドのタージマハルを模して作られた物らしい。
ショナルガオから近いと聞いていたのだが、意外と遠かった。
ショナルガオからCNGで150タカ。

歓迎ムードの壁の絵。入場料50タカを支払い中へ。
ここは外国人料金設定がないので安心。
画像


なるほどタージマハルだ。
画像


俺と比較してみるとその大きさが分かる。
画像

本物と違って中には入れない。
でも綺麗に作られている。
画像


とまあ、ダッカから日帰りの旅としてはまあまあだったかな?
でも、あまり人にお薦めできるコースではないと思った。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


レントゲンの結果

2011/02/17 02:11
2月10日。バックパックと重いカバン2つを持ってダッカに上がってきた。
バスが停まったので降りようと席を立ったその時
バスが急に動き出し、前の座席で左脇腹を強打した。

その時は「痛いなあ」と思っただけだが、その後数日間、重い物を持ったときや
体勢を入れ替えた時に「ピキッ」と痛みが走った。

「これは肋骨にひびが入ったかな?」と思ったので、15日に病院にいくことにした。

そしてレントゲンを撮った。健康相談員の手配で、スムーズにレントゲンが受けられた。

今日17日、結果が分かった。
「骨には以上はない」ということだった。なので、分からない程度のひびか
筋肉ではなかろうかと。

いずれにせよ、安静ではあるが手術とかには到らなくて良かった。

しかし、引き上げや実験行脚で重い荷物を運ぶことが多くなったので
この時期の怪我は痛い。

本当に、弱り目に祟り目で忙しくなってきた状況にとどめを刺される。

まともに動けるのも残り1ヶ月を切った。体と相談しながらやれるだけのことをやるしかない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


パトシャラ小 5年生の理科実験

2011/02/16 20:11
昨日まで。3・4年生の理科をしてきた。今日は5年生の理科。
実験道具を用意して「物の三態」を始める予定だったが
「氷」を忘れたことに気がづいた

なので、急いで近所の店に行き「氷」をもらった。
「氷」と言っても冷凍庫についた「霜」。でもこれで十分

店の冷凍庫の氷を削る店のにいちゃん。
画像


その氷を元に実験を始める。
3年生と同じ実験だが、5年生の教科書にも載っているのでやった。
画像


画像


物の三態のおまけはいつも「ブタンガスの実験」
画像


他にも、運動エネルギーと位置エネルギー。
空気は場所を取るの空き缶実験。なども行った。

熱で体積が膨張する実験では、ナイロン袋に水を入れ
鉛筆を突き刺す。
いつものごとく
「君、昨日シャワー浴びた?今から君の髪を洗うよ」
ってやるとうける。
画像


音の実験では、ストロー笛。これは1人1つあるので、
みんな大喜び。はじめは「できない」と言っていた子どもも、できるようになると
「できたー!聞いて聞いて」とおおはしゃぎ
画像


先生も一緒になって楽しむ。
画像


他にも磁石の実験や空気圧で空き缶が凹む実験などをした。


パトシャラ小での教科書に載っている実験はこれで終了。
しかし、校長から「全体の前で何かやってくれ」という要望が出たので
次は全体の前でペットボトルロケットを飛ばそうと思う。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


活動の最終形態開始

2011/02/15 01:01
さて、残り任期も1ヶ月。まともに活動出来るのもあと数日。

ということで、以前から活動の締めくくりは「実験行脚」と決めていた。
本当は実験本をセットで持って行く所なのだが、完成が遅れたこともあり
現在発注をかけているところである。予定では18日に手に入る。

「実験行脚」といっても、実験道具を持って、お世話になった学校や
近くの学校に行き、実験をさせてもらう、という程度のものである。

最初はPTIの実験校から

と考えていたが、運動会の練習やらでまともにクラスに入れる状態ではない。

で、待っていても仕方ないので、まずはいつも算数ドリルを使って授業をしている
パトシャラ小学校へ向かった。

13日。3年生相手に教科書に載っている実験を行う。
ほとんど動画で撮ったので、写真はわずかだが、紹介しておこう。
最初は、物の三態(固体・液体・気体)の実験。
PTIの前の店からアイスクリームを売っている冷蔵庫の霜を頂いた。

それをスプーンの上に乗せて、ろうそくで熱する。その水蒸気を
ペットボトルに集める。
固体の氷は熱を受け、液体の水になる。更に熱すると気体の水蒸気になる。
それをペットボトルで集めると、再び冷やされて水になる。その水が
ペットボトルの内側に水滴としてつく。そのためペットボトルの内側が白く見える。

頑張って水蒸気を集める子ども達。
画像

画像


で、おまけでブタンガスの気化実験もやった。
いつも物の三態を教えるときはこの実験もしている。
画像



次は空気圧の実験。
グラスに水を入れ上に紙を置き、それをひっくり返す。
空気圧の関係で水がこぼれない。
「ほら
画像


「どーだ
画像



空気圧の実験に関係して、空き缶潰しの実験をした。しかし、写真を取り忘れた

3年生へはこんな感じで実験をした。


14日、今日は4年生に実験をした。
最初はお椀にろうそくを立てて、水を入れ、ろうそくに火をつけ
グラスを被せるという、バングラデシュの小学校では定番の実験。

しかし、実験に慣れていない子ども達は、
「火が消えた後もグラスを触るな」と言っても、グラスを取ってしまう

まあ、5グループ中2グループが残っていたから良しとしよう

で、空気の構成について説明。火が燃えるときには酸素を使うなども説明。
さらに、燃えるときに空気中の炭素と酸素がくっつくから、同じ体積中の
分子がくっつく関係で、真空部分が出来てしまい、そこに空気圧で押された水が
コップの中に入ってくることも説明した。
(これも写真を取り忘れた


次は、物は熱で膨張するという実験。
最初に液体の実験。今日はいつも理科を教えている先生も一緒にやってくれた。
画像

ペットボトルに水を入れ、ストローを挿したキャップでフタをする。
それを熱湯の中に入れると体勢が増えて、中の水があふれ出てくるというもの。

気体も同じこと。ペットボトルに今度は風船をつけてお湯につける。
すると風船が膨らむ。
「おー、でかくなった
画像


実験だけで終わるのではなく、ちゃんと理論も説明する。
画像


次にストロー笛で「音」の実験をした。
ストロー笛は鉄板ネタ。どこで誰にやっても受ける

最後におまけでブタンガスの実験をした。
昨日見ていた子達が、「どうしてもあれをしたい」と言ってきたので…。

「うわー、大きくなった〜
画像


まあ、こんな感じで実験をしていたら仕方ないことなのだが、他の学年の子達が
見に来る。今日は教室の扉を締めてやったのだが、外側の窓から覗く子や
扉をドンドン叩く子など、なかなか授業に集中出来ず困った

まあ、それだけ実験が楽しいということにしておこう。
あまりに度が過ぎる子に対しては、ガツンと叱ったが…

明日は5年生に実験をする。パトシャラでの理科実験は明日で終わるが、
日を改めてペットボトルロケットを飛ばしに来ようと思う。

実験行脚ってこんな感じです。さて次はあなたの学校に行くかも…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


どうも流れに乗れない

2011/02/14 02:47
12日、
「さて休日を楽しんだから、活動を頑張るか」
と思って、朝6時に起きて7時前に隊員ハウスを出て職場に向かった。

今日はパトシャラ小学校で10時からオヌスタン(式典)があるから、それに来いと
言われていたので、パトシャラに向かった。
「たぶん遅れるだろう」という予想は的中。
10時15分に着いても、何も始まる気配が無かった。

聞くと「少し遅れる」ということだったが、少し所の気配じゃなかったので、
諦めてPTIに向かった。
するとPTIのトレイニー達がいない。しかし小学生達はいる。
聞くと「昨日オヌスタンがあったので、今日は代休」と言われた。

かなり職場で陰の薄い存在になった俺、代休のことを誰も知らせてくれません。
むしろPTIにしたら「なぜ、昨日のオヌスタンに来なかったんだ」てな具合です。

で、再びパトシャラに向かう。昼過ぎから3年生に理科の実験をする予定だった。
時間は12時過ぎ。運動場に集まる子ども達。
画像

画像


ようやく垂れ幕を準備し
画像


さて、始まるか?と思っていたが一向に始まらない。
しびれをきらした俺は
「これは、今日の理科はなくなったな」
と判断し帰宅。


しかし、こんなに早く帰ってきては時間がもったいない。

そこでミルザプールに住む五女(体育隊員)に机を渡す約束をしていたのを思い出した。
ミルザプールのクムディニで活動する2人とも、今日ダッカから戻ったらしいので
机を持って行くことにした。

机は大きくてバスの中に持って入れないので、バスの上に置いてもらった。

そして、2時間かけて運んだ。

夕食はクムディニ隊員の家でお呼ばれされた。
彼女達は台所トイレシャワーが共同の寮に住んでいる。
なので部屋はワンルーム。
画像

豚肉とキャベツとジャガイモの煮物美味しかったです。

また時間があったら、クムディニで授業がしたいなあ。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


なんやかんやあった休日

2011/02/14 01:50
11日、今日は金曜日。昼過ぎから日本人会春祭りがあるので、
たくさんの隊員がダッカに上がってきていた。

先日ガジプールにあるクリスクール(NGO)(クリススクールではない)という
所の先生が(カウンターパートの友人)
「11日に遠足でチリヤカナ(動物園)に行くので良かったら一緒に行きませんか?
 朝7時にバスを呼んであるので、それで行きます」といわれた。

俺はダッカに上がっている日なので
「現地集合ならいいですよ。でも昼から予定があるので12時には帰ります」
と言って、現地集合にした。

ベンガル人なのでおそらく遅れてくると想定して
7時のバスが9時になり、途中休憩でバスを停めて朝食
なんてパターンもあり得ると考えて、11時頃にチリヤカナへ向かった。

10時50分、チリヤカナ到着。予想通り彼等は来ていなかった。
電話すると「あと1時間後」って言うので、俺は先に中をウロウロしていた。

ここにはロイヤルベンガルタイガーを始め
画像


ライオンや
画像


キリンや
画像


クジャクや
画像


象など
画像


その他、いろんな動物がいる。
画像
画像

俺が個人的に好きなは虫類系でも特に蛇はでかかった。
写真では分かりづらいが、直径が10cm程もある蛇もいた。
長さでは5mくらいあるかもしれない。
画像


そんなこんなで見物をしていると、ガジプールから子ども達がやってきた。
その時すでに11時半。でも俺が思っていたよりも早く着いた。
画像


で、しばらく彼等と一緒に見て回った。
1時になったので「日本人祭りがあるので帰ります」
と言って途中退席。それでも俺の予定より1時間も延長したんだから
「何でみんなと一緒に昼食を食べないんだ」って言うんだ?

で、最近メーターで走るようになったCNGで隊員ハウスに向かう。
ミルプールのチリヤカナから隊員ハウスまで102.5タカ。
動物園の駐車場代を足して110タカ払う。

隊員ハウスに戻るとみんなが「上毛かるた」という群馬県限定のかるたをしていた。
画像


それからみんなで日本人会春祭りの会場である日本人学校へ向かう。


春祭りは、今年もたくさんの出し物や店が出ていた。


大人数でのダンスは盛り上がる。
画像


ベンガルダンスというのもあった。
画像


そして、バングラ情報ではこの人の右に出る者がいないと言われる
隊員間コミュニケーション隊員Sがエ○カ嬢と出演。
Best Fiction Ture.の幕開けである。なんとも言えない妖艶な雰囲気
画像


今年の目玉漫才での隠し球。

なんと「在バングラデシュ全権大使」が「マグマ大使」に扮して漫才をした
画像


みんなのお楽しみであった福引きは、まあいろいろ思い当たることはあるが
書かないでおこう。ほとんどの隊員は当たらなかった。

しかし、あの隊員間コミュニケーション隊員Sが見事に日本行きペアチケットをゲット


今年も大盛り上がりを見せた「日本人会春祭り」でした。
画像


隊員ハウスに戻ってきてからサプライズが…。

なんと、先日誕生日を迎えた隊員のためにバースデーケーキが用意されていた。
画像


喜ぶ2月生まれ隊員達。
画像


間抜け面でケーキを食べてます。
画像


そんなこんなで楽しい1日でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


よいしょ、よいしょ

2011/02/14 00:47
バンガリ(自転車の後ろに平たい板を敷いた物。荷物を運ぶのに使う)
に鉄の板を乗せて運ぶ親子。小さな息子の健気な姿が愛おしい。
     
画像

                                 通勤路にて
 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


繰り上げ昇級?

2011/02/10 15:25
今日のブログは文字のみです。悪しからず。

ガジプールワークショップも終わり、ようやく通常の勤務態勢に。
しかし、PTIは運動会の練習とかでなかなか授業ができず。

併設の小学校に入ろうと思っても、元々午前は不可能だったが
今は午後も運動会の練習で俺の入る余地がない。

パトシャラ小学校に行っても、お祭りやスポーツ大会、
そしてホルタル(ストライキ)の影響による自宅待機などで
まともに活動が出来なかった1週間だった。

しかし、今日ようやくパトシャラで算数の授業を再開した。

いつもより若干人数が少ない。
「去年も登録が43人と聞いていたが、6月から入った時点で20人くらいだったから
 こんな感じで減っていくのだろう」と思っていた。

しかし、ドリルを配ろうと名前を呼んでいると、他の子ども達が
「サー、そいつは1年に行ったよ。そいつもそうだよ。」と言ってきた。
どうも5〜6人が突然1年生に昇級したらしい。
去年頑張っていたマヌッディンも1年生に昇級したらしい。

じゃあ、始めから1年生として入学すれば良いのに…
こういった所がバングラデシュらしい。

ということでこの国「繰り上げ昇級」というものが存在しました。
帰国前に初めて知ったこの事実。
もはやテストの意味さえ形骸化しています。
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


SOFT EXPO2011

2011/02/09 23:56
バングラデシュのカンファレスセンターで行われていたSOFT EXPO2011。
一言で言えば「コンピューター技術の祭典」である。
いろんな企業がコンピューターを活かしたハイテクを披露し合うという
日本でもおなじみのイベント。

しかし、それをバングラデシュでやっていることに価値がある。
正しくここは、バングラデシュの最先端コンピューター技術が集まっている
と言っても過言ではない。

2月4日、そこへ行ってきた。
会場もオシャレ。バングラデシュの田舎とは天と地の差がある。
画像


そこでブースを出すJOCVコンピューター技術隊員達。
11月に行った「ITEEコンテスト」という日本で(もちろん世界でも)行われている
情報処理試験のバングラデシュ版のテスト(正式な資格認定にはならないが、
バングラデシュではこの世界統一のテストがまだ導入されていないので、
正式導入前の試験的なもので行った)の簡単バージョン(5問のみ)を
やっていた。テスト体験者には折り紙のプレゼントつき。
こういった細かい気配りが日本人のすごいところ。
画像


どんどん人の集まるJOCVブース。
画像


ITEEコンテストの様子を流している映像のBGMがAKB48。
しかも、画面の右下にプロモが流れるという凝った作り。
ベンガル人達も、コンテストの様子より映像の可愛い女の子に注目する。


せっかく来たので他のブースも見学。
画像

画像

家庭教育や算数・英語・ベンガル語の教材を作っている会社があったので
それらのCDを購入。バングラデシュもこういったデジタル機器を活かした
教育が進みつつある。日本のクオリティに比べたらまだまだだが、
こういったことを積み重ねてより性能は高まっていくと思う。

自分の職種とは違う分野であるが、共通する部分は多い。
特に教材のCDは俺も作ろうと考えている物だ。

余談ではあるが、俺がバングラデシュで嫌いな乗り物に「CNG」というのがある。
これは圧縮天然ガスで走る、緑色の小さな3輪タクシー。
メーターがあるのだが、決してメーターでは走らない。値段交渉制となる。
しかし、最近法律の徹底を図り、「CNGがメーターで走らないと罰金500タカ」
ということが決まった。なので、このカンファレスセンターから隊員ハウスまで
CNGで帰ることに。値段交渉制なら150タカというところだが、実際は76タカ。
80タカ払っておつりはもらわなかった。結局半額くらいで行けることが判明。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


停電のため、英語の授業ができず YOU&MEスクールにて

2011/02/08 22:10
今日8日は、PTIや政府系の学校はお休み。
なので、2日のリベンジをすべく、英語教材を持ってYOU&MEスクールへ向かった。

プロジェクター、パソコンなどを準備してバッチリと思っていたら

「スピーカー忘れた」というのをバスの中で気づいて
チョウラスタでバスを降り、PTIに置いてあるスピーカーを取りに行った。

スピーカーはPTIにも自分の家にも置いてある。

こういう時に、常に2段構えで同じ道具を2つ用意する
自分の性格に自己満足する

で、そんなことをしていたら1時間の遅刻

すぐに準備をしたが、停電のためすぐに授業を始めることができなかった。

この日は、完成したIDカードを子ども達に渡す日だったようだ。
そして、たまたま前回持ってきた、隊員が作った「ケノ(なぜ?)」
の本を手渡すことになった。

「ケノ」の本は、俺の前任者やいろんな隊員が協力して作った
子ども向けの絵本だ。

・なぜ学校に行くのか?
・なぜ薬を飲むのか?
・なぜゴミを捨ててはいけないのか?

などを絵本で分かりやすく書いてある。
うちのPTIに120冊程残っていたので、PTIで配るには少ないので
良いところがないかと思っていたときに、ちょうど
YOU&MEスクールは100人弱だったので、そこにしようと思ったわけだ。

朝礼で、副校長よりIDカードを渡される子ども。
画像


こんな感じです。顔写真と名前、学年などが書かれている。
画像


そして俺は「ケノ」の本を1人ずつ手渡していく。
画像

画像


熱心に読む子ども達。
画像

画像


「こんなのもらったよ〜」と大喜び
画像


低学年が遊びの時間、俺は高学年に英語を教えるはずだったのだが…

この日の停電は長く、俺が着いてから何時間経っても電気は来なかった。

なので、ハーモニウムという楽器を使って、校歌の指導。

結局電気が来たのは子ども達が全員帰った午後1時。


あれだけ重い荷物を持ってきたのに結局役に立たなかった

本当にこの国の停電には腹が立つ

というわけでリベンジ失敗。次にここで英語が出来るのはいつになることやら…

帰りはいつもここにいる2人の女の子が見送ってくれました。
画像


21日にもまたここに来ます。その時はペットボトルロケットを飛ばす予定。

おまけ

その1 米を砕いて粉末に。
バングラデシュでは米を砕いて粉にして、それを蒸して食べる
「ピタ」という食べ物があります。
他にもいろいろ使い道があるようですが、その米粉を作る機械を始めてみました。
こんな機械に米を入れます。
画像

画像


これから粉にするための米がたくさん積まれていた。
隣の清掃をする女性と大きさを比較してください。
画像


その2 働き者
木を斧で薪用にしていきます。協力して薪を割る手際がすごく良かった。
画像

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


節分の一コマ

2011/02/04 10:22
3日。JICAOfficeにプロジェクターを借りに行ったとき、
「先日の政務官との食事会に参加した人にプレゼントがある。」
と言われてある物をもらった。

それは、節分用の豆と鬼のお面だった。

去年は節分なんて思い出しもしなかった。気がつけば終わっていた。
今年も特に意識していなかった。

そんなおり、しかもちょうど2月3日。

隊員ハウスでゆっくりしていると隊員が数人いたので。
プチ豆まきをして遊んだ。そんな1コマ。


画像

鬼は俺です。


2人とも30代半ばですがなにか?


これで暦の上でも春ですね。1つずつ残った仕事を終わらせていかないと。


おまけ
ボリシャルワークショップの日程が変わりました。
当初2月26日〜3月1日の4日間の予定でしたが、26日まで
ボリシャルPTIの定期テストがあるらしく(うちのPTIは24日迄と聞いている)
その影響で2月27日〜3月3日(2日が休み)になるか
3月5日〜8日迄のどちらかになるそうです。

その期間に最後の任国外旅行を計画していた俺の運命やいかに…
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ジェネレーターは危険 YOU&MEスクールにて

2011/02/03 11:22
2日。PTIが休みだったので、ガジプールにあるNGO「YOU&MEスクール」に出かけた。

今日はプロジェクターを使って英語の授業をしようと思っていた。

パソコン、プロジェクター、スピーカーを持ってお出かけ。

しかし、停電

「ジェネレーターはないの?」と聞いたところ
「ある」
とのことだったので、用意してもらった。
画像


ジェネレーターはあったが、スタビライザーは無かった。


ジェネレーターの電気を利用して何とか授業は始まった。
画像


熱心に画面を見つめる子ども達。
画像


しかし…


なんと、ジェネレータ使用時に電気が回復したこともあり、
過電流となりプロジェクターが破損

低学年クラスの授業が終わった後、全校で集会をする。
どこの学校もこれは毎日やっている。
画像


後半の高学年の子達には英語をできず。
代わりに校歌指導と「春が来た」「ふるさと」の合唱指導。

しかし、プロジェクターを使っての授業を期待していた子達は
いささか不満なご様子。


なので、今度はJICAのプロジェクターを借りて持ってくると約束した。


おまけ
PTI近くの野党本部の前。
軍隊がたくさん見張っていた。
どうも新空港建設を巡ってストライキを起こしそう。
ということを警戒しての警備らしい
画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


屋上で物思いにふける

2011/02/02 10:43
2月に入った。いよいよ活動も終わりを迎える。
早いものだ。しかし、まだまだやりきれていない。
残っている活動を考えると焦りを感じる。

12月1月に比べると日が長くなってきた。
寒さもずいぶん和らいできた。春の訪れを感じさせる。

帰宅してふと思った。
「屋上に行くか」

俺の家の屋上は現在工事中。2フロアを作成中だ。

久しぶりに上がってみた。

屋上から見る夕日は綺麗だった。
画像



工事もだいぶ進んでいる。
画像


上から見たシャルナロード。現在工事中。
赤いのはレンガを砕いて圧力を加えたから。
この上にレンガを敷いてその上にアスファルトを敷いていく。
道も新しく生まれ変わっていく。俺も新しく生まれ変わらないと。
画像


屋上にてたたずむ俺。この景色も見納めかな?
画像

ここに来るといろんなことを考える。
世界各国で活躍する協力隊員達。
それぞれの国の事情。治安悪化のために帰国を余儀なくされた人もいると聞いた。
そんな中、無事に任期を全う出来そうな俺は幸せなのだろうと…。


今日、赴任の時に買った味噌が底をついた。
米も残りわずか。いろんな物が帰国が近づいていることを知らせてくれる。
さあ、帰国に向けて溜めた力を発揮して飛ぶときが来たぞ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自転車ネタですよ  

2011/02/01 00:13
最近ブログでは取り上げなかったが、ちょこちょこ傷む我が自転車。
今日は久しぶりに新しい自転車トラブルが起きました。

いつものごとく自転車を漕いで帰っていると、
「どうもハンドルに違和感がある」

見ると、ハンドルが歪んでいる。スピードを落とし、何とかゆっくりと
漕いでいたのだが、轍からはずれ右足すねを強打

見事にハンドルが90度横を向きました。
画像


仕方なく手で押して帰ることに。

近所のリキシャ屋に行き、直してもらおうとするが六角レンチがない。
しかし、彼等はすごい。大きなネジを叩いて、六角レンチが入るような形にして
それを使ってネジを締めた。

ハンドルを外して仕組みを確かめる。こんな感じで手であっさりと外れるほど
ネジが緩んでいた。
画像


無事に自転車は復活
あと3週間、自転車も踏ん張ってくれ。


おまけ
先週のワークショップに向けて、開催できるかどうかでイライラしていたので
じんましんが出た。じんましんなのか虫なのか分からないが、
俺がこんなになるのは珍しい。
画像
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


<<  2011年2月のブログ記事  >> 

トップへ

人口密度は世界一。俺の熱さも世界一。 2011年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる